定期予防接種の種類と予防病気・副反応

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

 

 

スポンサードリンク

定期予防接種の種類と防げる病気・副反応

 

 

BCG

 

予防できる病気 : 結核
接種対象 : 3ヶ月〜6ヶ月の間に1回

費用 : 公費(無料)

 

結核菌の感染によっておこる結核に対するワクチン。
3ヶ月未満の子は結核に対する抵抗力が弱すぎ、6ヶ月以降になると任意接種の扱い(自費)となるため、3ヶ月〜6ヶ月の間に接種する。

スタンプ方式の接種。結核による結核性髄膜炎や肺結核の予防に。
接種して2〜4週間後に赤いボツボツとなり、一部に小さいうみができたりするが、これが正常な反応なので包帯やばんそうこう、塗り薬はNG

自然に治るので、清潔にしておけば大丈夫。
まれに、接種した側のわきの下のリンパ節が腫れる場合があるが、接種部位がただれたり化膿したりしていなければ様子をみて平気です。

また、接種部位が3〜10日以内に赤くなってうんだりする場合には(コッホ現象)、接種前に結核菌に感染しているかもしれないので要受診。

 

 

 

3種混合(DPT)

(2種混合(DT))

 

予防できる病気 : ジフテリア(D)、百日せき(P)、破傷風(T)
接種対象 : 1期 3ヶ月〜1歳(最長7歳6ヶ月まで)の間に、初回3回(それぞれ3〜8週間あける)、終了して1年〜1年6ヶ月後に追加1回の計4回

  2期 11歳に1回(2種(ジフテリア、破傷風のみ)(DT))
費用 : 公費(無料)

 

ジフテリア:ジフテリア菌の飛沫感染による。のどや鼻に感染し、熱や、のどの炎症、
犬吠えのようなせきなどの症状がでる。

また、心筋障害や神経麻痺が起きたり、気道がふさがれて窒息死する場合などもある。

 

百日せき:百日せき菌の飛沫感染による。鼻水と軽いせきといった普通の風邪のような症状で始まるが、だんだん独特のせきとなります。
連続的にせきこみ、顔が真っ赤になり、急に息を吸いこむため、笛のなるような音がします。

また、肺炎や脳症などの思い合併症も起こしたりします。

 

破傷風:土の中にいる破傷風菌が、傷口から体内に入って感染する。
破傷風菌の毒素により全身の筋肉がけいれんし、最悪の場合は死に至ることも。

本人や家族も気がつかないようない意外と軽い傷からも感染するので要注意。

 

確実に免疫をつけるためには、決められた通りに受けるのが大切。
接種部位が赤く腫れたり、しこりになったりする局所反応がある。

腕全体が腫れたりした場合には、要受診。予防接種の前にジフテリア、百日せき、破傷風のいずれかにかかっている場合でも、3種混合(DPT)の接種が可能。

 

 

ポリオ

予防できる病気 : ポリオ(急性灰白髄炎、小児まひ)
接種対象 : 3ヶ月〜7歳6ヶ月の間に2回、間を6週間以上あける

費用 : 公費(無料) *集団接種が多い

 

スポイトでの経口タイプのワクチン。ほとんどの地域で日程が決められた集団接種で行われる。
ポリオとよばれる急性灰白髄炎(小児まひ)の予防。

ポリオウィルスには3種類の型があり、1回の接種では全ての型に対応する免疫ができない可能性があるので、2回接種が必要となっている。
接種後約1ヶ月は、便中にウィルスが混じっているので、2次感染を防ぐためにオムツ換えの後には十分な手洗いをする必要がある。まれに発熱や下痢などの症状が出ることがある。

 

 

MR(麻しん、風しん)

予防できる病気 : 麻しん(M)、風しん(R)
接種対象 : 1期 1歳 1回

             2期 6歳(小学校入学前の1年間) 1回
費用 : 公費(無料)

 

麻しん:麻しんウィルスの空気感染による。感染力が強い。10日ほどの潜伏期間の後、発熱、せき、鼻水、目やにが出る。3〜4日後には赤い発疹がでて、高熱は1週間くらい続く。
また、気管支炎、肺炎、脳炎などの合併症や、亜急性硬化症全脳炎(SSPE)という難病になる場合もある。

 

風しん:風しんウィルスの飛沫感染による。麻しんほどではないが、感染力が強い。2〜3週間の潜伏期間の後、熱と赤い発疹が出る。
発疹も熱も3日ほどでおさまるが、血小板減少紫斑病や脳炎などといった合併症を引き起こす場合がある。大人になってからかかると、重症化しやすい。また、妊娠初期の女性がかかると、障害をもった子が生まれる可能性が高い。

 

1歳から2歳の間に麻しんや風しんにかかる可能性が高いので、1歳になったらすぐに予防接種を受けた方がよい。
また、1回の接種で免疫ができなかった場合や、年数による免疫低下を防ぐため、2回目の接種が必要。発熱、発疹などの副反応や、はれやしこりなどの局所反応がみられる。

麻しんのみ、や風しんのみ、の単独のワクチンもあるが、混合のワクチンを接種した方がよい。すでに麻しんあるいは風しんにかかったことがある人でも、混合(MR)ワクチンの接種が可能。

 

 

日本脳炎

予防できる病気 : 日本脳炎
接種対象 : 1期 6ヶ月〜7歳6ヶ月の間に初回2回(間を1〜4週間あける)、

   1年後に追加1回
  2期 9〜12歳の間に1回

費用 : 公費(無料)

 

2009年6月より、新しいワクチンの接種が開始された。ワクチン不足が懸念されていることで、積極的に接種を推奨していない地域もまだある。
ブタなどの体内で増殖した日本脳炎ウィルスが、蚊の媒介によって人に感染するもの。1週間ほどの潜伏期間の後、高熱、意識障害などの症状の現れる急性脳炎になる。接種部位が赤くなることがある。

スポンサードサーチ

fx