こんな症状の時は、こんな食事を!

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

症状に合った、食品を選ぶことで回復を促しましょう!

こんな症状のときは こんな食事を!

 

ここに記載されている食事で赤ちゃんにOKな食事があれば参考にどうぞ。
もちろん、パパ・ママ・家族にも利用できる食事です。

体調が悪いなという時などに。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

症状 食品  メニュー 備考
のどの痛み くず

ゼラチン

牛乳 

野菜スープ
プリン

アイスクリーム
ポタージュ

やわらかく喉ごしの良いものがいいでしょう。刺激のあるものや、熱いものは喉を痛めてしまうのでNGです。

熱があるときや夏は冷たいものがよいでしょう。 

                

せき・たん あんず

黒豆

ふきのとう
ぎんなん

黒豆の煮物
あんずの砂糖煮
あんずや黒豆の煮汁の中には、咳をおさえる成分が含まれています。
食欲不振 梅干し、酢

レモン、しそ

しょうが

ヨーグルト
とうがらし

 

香辛料

そうめん

ヨーグルトサラダ
白身魚のマリネ
フルーツの果汁や香辛料をうまく利用しましょう。
下痢 くず、白米

とうふ

 

白身魚

鶏ササミ

大根、りんご
ゼラチン

くず湯、重湯

おかゆ、湯豆腐

鶏ササミや白身魚のすり流し汁

果汁、麦茶
スポーツドリンク

十分に水分の補給ができるように、重湯からおかゆにしていき、しだいにかたくしていきましょう。
赤ちゃんの水分補給はしっかりと!
吐きけ 水分 野菜スープ

果汁、麦茶
スポーツドリンク

水分は我慢せずに、できるだけ取るようにしましょう。
赤ちゃんには、最初スプーン1さじ程度の少量から増やしていきましょう。
体力の回復が衰えている時 レバー、卵

カキ、牛乳

ヨーグルト

チーズ、にら大豆製品、ねぎ
たまねぎ、にんにく

ニラレバ炒め

かき鍋
ミルクセーキ

ビタミンB1は、疲労回復にききめがあり、玉ねぎなどに含まれる硫化アリルには、相乗効果が見られます。
タンパク質は十分に取るようにしましょう。

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

fx