離乳食初期の進め方とレシピ

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

離乳食初期の進め方 (5〜6ヶ月)

スポンサードリンク

赤ちゃんの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始めます。

 

離乳食のスタートは1日1回1さじから。
 まずは、おっぱい・ミルクの時間の1回を離乳食にかえます。

 

10倍がゆを すりつぶしたものから始め、液体に近い状態のものを与えます。
おかゆに慣れてきたら、野菜、たんぱく質の順に初めての食品は小さじ1から始め、少しずつ色々な食品になれさせましょう。

 

栄養不足などを心配する必要はありません。
慣れるための練習だと思っていきましょう。

母乳やミルクは飲みたいだけあたえましょう。

 

食後の母乳やミルクは、赤ちゃんが欲しがるだけ与えます。
基本は、離乳食+母乳(ミルク)でワンセットと考え、代わりに食事の前後2時間は授乳を行なわずに、食事のリズムを作っていきましょう。

 

 

離乳食初期レシピ (5〜6ヶ月)

離乳食は、1日1回。ドロドロ・ペタペタしたものを目安に。初期の離乳食は味付けはせず、ゆでたり、電子レンジで加熱後すりつぶし白湯でのばすが基本です。
慣れてきたら、色々な食材、果物も1さじずつ与えていきましょう。

 

 

 

 

 

電子レンジでおかゆ・5〜6か月 10倍がゆ
ごはん大さじ1に対して、水大さじ5。 ラップをふんわりかけて、加熱時間約5分。トロトロにすり潰す。
お米大さじ1に対して、水大さじ20。ラップをふんわりかけて、加熱時間約18分。 トロトロにすり潰す。
炊飯器でおかゆ
お米小さじ1に対して、水1/2カップ。耐熱容器は長めの湯のみでOK。

作りおきする場合は、大きめの耐熱容器か大きめの湯のみで。

野菜などを柔らかくするのにも、炊飯器は活躍します!

りんご入りパンがゆ
食パン 6g  

牛乳 40ml  

りんご 10g

1. 食パンは1cmのさいの目切りにする。

2. りんごはすりおろす。

3. 食パンを牛乳で煮る。

 

4. すりおろしたりんごを加える。

パン
食パン1/4

水1/2カップ

1.食パンはミミを切り、細かくほぐす。

2電子レンジで約30秒加熱し、すり鉢でよくすりつぶす。

うどん
ゆでうどん3本

白湯適量

1ゆでうどんを柔らかくゆでる。

2すり鉢ですりつぶして白湯でのばし、裏ごしする。

にんじん
にんじん5o幅

白湯適量

1にんじんは柔らかくゆでる。(炊飯器でやわらかくしておいてOK)

2すり鉢ですりつぶして白湯でのばし、裏ごしする。

その他の野菜も、この応用でOK。少しずつ、色々な食材に慣れさせて。

スポンサードサーチ

fx