離乳食後期の進め方とレシピ

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

離乳食後期の進め方(9〜11ヶ月)

スポンサードリンク

 

1日3回食に進めて

 

今までの2回食にもう1回離乳食タイムを加えて、1日3回食にしていきます。
後半になったら大人の食事時間にあわせて、 ゆっくりと食事のリズムを整えていきます。

 

おっぱいやミルクは離乳食とは別に、1日2回程度を目安に。9ヶ月頃からはフォローアップミルクでもかまいません。

 

後期以降は体が大きくなるに従って鉄分が不足しやすいので、小松菜・ほうれん草などの緑黄色野菜、レバー、赤身の魚・肉、大豆製品など心がけて使うようにしましょう。

 

離乳食作りに慣れてくると衛生面などもおろそかになりがちです。
赤ちゃんも何でもつかんで口に持っていく時期ですから、親子で手洗いをしっかりして、食器、器具も清潔に気をつけましょう。

家族みんなで楽しい食事を

 

食べられる食品の数が増え、大人の食事からの取り分けがしやすくなります。
食事の回数も1日3回と、大人の食事時間にあわせやすくなるので、ぜひ家族一緒に食卓を囲んで、食事の楽しさを経験させてあげましょう。

離乳食後期レシピ (9〜11ヶ月)

離乳食は1日3回。歯ぐきでつぶせるぐらい(バナナ)の固さに。

 

 

電子レンジでおかゆ・9〜11か月 5倍がゆ90〜100g
ごはん大さじ1に対して、水大さじ3。ラップをふんわりかけて、加熱時間約4分
米大さじ1に対して、水大さじ10。ラップをふんわりかけて、加熱時間約10分。
蒸し魚のあんかけ
白身魚 20g

人参 5g

玉葱 10g

キャベツ 10g

 

片栗粉 2g  

だし汁(水50ml 昆布5g)  

うす口しょうゆ    1g(小1/5)  

1. 魚は骨と皮をとって、蒸す。

2. 人参、玉葱、キャベツをみじん切りにし、だし汁で煮る。

3. うす口しょうゆで調味し、水溶き片栗粉で調味する。

牛肉とほうれん草の煮物
牛ひき肉  20g

ほうれん草  10g

水  大1

砂糖  1g(小1/3)しょうゆ  1g(小1/5)  
サラダ油 
2g(小1/2)
片栗粉  1g(小1/3)

1. ほうれん草の葉先をゆでて、水にさらし、絞る。

2. 絞ったほうれん草を、粗いみじん切りにする。

3. ひき肉を炒め、砂糖、しょうゆで調味し、水を入れて煮る。

 

4. 水溶き片栗粉でとろみをつけ、ほうれん草を加えてサッと煮る。

離乳食完了期レシピ (12〜15ヶ月)

3回の食事とおやつ。栄養の大部分を、食事から摂るようになるので、バランスを考えて。

 

ごはん軟飯約90g
煮込みうどん
ゆでうどん 50g

人参  10g

葉ねぎ  3g

うす口しょうゆ3ml

白身魚  15g  

だし汁(昆布だし)80ml  

1. ゆでうどんは、1cmくらいに切る。

2. 人参は輪切りにして、やわらかくゆで、細かく刻む。

 

3. 葉ねぎは、小口切りに。

4. 白身魚は、煮て細かくほぐす。この時の煮汁はとっておく。

5. 鍋にうどん、人参、ねぎ、白身魚を入れ、魚の煮汁で煮込み、うす口しょうゆで調味し、やわらかく煮込む。

豚肉のケチャップ炒め
豚肉  .10g

じゃがいも 25g

人参 10g

 

キャベツ  15g
トマトケチャップ 10g
バター  3g

1. じゃがいも、人参、キャベツは1cm角に切る。豚肉は、薄切りにして、こま切れにする。

2. 鍋にバターを入れて、材料を炒め、水をひたひたに入れて煮込む。

3. 煮えたら、トマトケチャップを入れ、薄く味付けをする。

サンドイッチ
サンドイッチ用食パン 

 

1枚 35g

イチゴジャム  7g

1. サンドイッチ用食パンは耳をとって横半分に切り、イチゴジャムを薄くぬり、重ねる。

2. 赤ちゃんが自分で持って食べられる大きさに切る。

スポンサードサーチ

fx