お宮参り(初宮参り)・内祝い

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

お宮参り(初宮参り)

スポンサードリンク

赤ちゃんが無事に生まれた感謝と、これからの健やかな成長を
祈願するため、地元の氏神様にお参りすることを

「お宮参り(初宮)」と言います。

 

地域によって異なりますが、男の子は生後31日目、女の子は生後33日目にお参りすることが一般的なようです。

 

しかしこの時期は、赤ちゃんにとっても、ママにとっても外出はちょっと難しいですね。
このような日にこだわることなく、赤ちゃんとママに無理がないよう、天候や日にち、場所を選んでお参りするといいです。

私の場合は、自分体調も良くなく、家族の仕事の都合もあって1ヵ月半近くたってからお宮参りにいきました。

 

お宮参りは、父方の祖母(ママからみるとお姑さん)がお祝い着をきた赤ちゃんを抱いてお参りするのが正式ですが、誰が赤ちゃんを抱くかはあまりこだわらなくても大丈夫なようです。

 

赤ちゃんの授乳時間などをみはからて、お参りに行くことをおすすめします!
お祓いや祝詞をあげていただいている最中に赤ちゃんの授乳時間がきて大泣きしてしまうことがないように!

赤ちゃんのお祝い着

 

正式なお祝い着は無地の着物を着せたうえに、
男の子用お祝い着は黒地に鷹や鶴などの縁起のよい絵柄

「熨斗目広袖(のしめひろそで)」

 

 

女の子用お祝い着は朱色地に
「友禅広袖(ゆうぜんひろそで)」

が祝い着とされています。

 

お祝い着は母方の実家が贈るものとされてきましたが、最近はレンタル衣装やベビードレスに白いケープを着用することが多いようです。

 

我が家では、主人の母が着物をレンタルしてくれたので、その着物を着せました。
レンタル料は¥5250〜¥6300ぐらいだったと思います。

 

着物もない、レンタル店に見に行くことも出来ない方には、
インターネットでもレンタルできますので、検討してみては どうでしょうか。

⇒ お宮参り用 着物レンタル
往復送料無料¥5800〜なので、かなりのお得ですよね!

もちろん、クリーニングの必要もナシ!

出産祝いのお返し・出産内祝い

このころに しておくこととは??

 

 

出産祝いを贈られた場合、お宮参りの頃(生後1ヶ月目)を目安に「内祝い」を贈ることが一般的です。

 

内祝いの金額は半返しと言って、いただいた金額の半分〜1/3が目安と言われています。

 

 

のし紙は?

 

紅白の蝶結びの水引やのし紙を使います。
表書きは 「内祝」で、結び目の下には赤ちゃんの名前を書きましょう。

名前の横にふりがながついていると親切です。
最近の子供さんの名前は読めませんから(笑)

 

 

 

贈り先別・人気ギフト
親・親戚 両親→思い出に残るメモリアルギフト

メモリアルギフト 手形・足形・写真など。

 

名入れギフト
お米の袋にお名前・写真を入れることも!さらには出生体重の重さのお米で赤ちゃんを抱っこしているようにも!抱っこできる赤ちゃん米


他に名入れ酒・定番のシュガーセットなど。

親戚→遠方の赤ちゃんに会えない方などにメモリアルギフト

ちょっと質のいいタオルセットやこだわりホテルグルメセットなど。

目上・上司 赤ちゃんの写真・名入れなどのメモリアルギフトは 頂いても困ってしまうと思いますので、控えておきましょう!!

目上の方にも、少し上質なものを!

タオルセットホテルグルメセット・食器セットなど。

友人・知人 子供さんのいる家庭には、キャラクタータオルセットや、パスタセットなどよいでしょう。

 

洗剤セットなどは、必ず使うので、もらうと助かりますね!

独身の方には、カタログギフトで五字分で選んでもらう方がいいでしょう!!

 

 

 

 

 お祝い・行事

      ├ お七夜・命名式
      ├ お宮参り(初宮参り)・内祝い

      ├ お食い初め
      └ 初節句

スポンサードサーチ

fx