お食い初め

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

お食い初め

スポンサードリンク

生後100日目の赤ちゃんにこの先食べ物に困らないようにと願いを込め、食事をさせることをお食い初めといいます。

 

 

箸初め、箸揃え、歯固め、百日祝いなど地方によって呼ばれ方が様々です。

 

この時期の赤ちゃんは離乳食の開始は まだですので、実際は食べる真似をさせることになります。

 

お食い初めで使用する器は、プラスチック製のベビー用食器でよいかと思います。

 

漆器や素焼きの器などが正式(女の子は外側が黒、男の子は外側が赤、内側が朱塗りの漆器のお膳が正式)とされていますが、 正式なものを揃えなくても、みんなで赤ちゃんの幸せを願って お祝いをすれば良いかと思います。

 

我が家では、自宅でのお祝いではなく、みんなで食事をしに行きました!
そのときは、お店の方にお食い初めのお祝いで利用したいのですが・・・。と言うと、お店の方が 赤ちゃん用のお膳など用意してくれました!

★お祝い膳に添える一般的な献立★

 

・尾頭付きの焼き魚(地方によって違う場合あり)
・すまし汁

・季節の煮物
・お赤飯

・香の物より本格的な場合は、二の膳として紅白のお餅を5つ添えます。

 

また、歯が丈夫に生えるように「歯固めの石」としてきれいな小石をお膳に3つ備えることもあります。

 

赤ちゃんにお祝い膳を食べさせるのは、家族の年長者の方(赤ちゃんと同性)の役目です。
その理由は、最年長の方のご長寿にあやかるとされています。

 

その地域によって 料理内容や器の種類などの こだわりがあるかもしれません。

 

お姑さんや両親と相談してお祝いを行った方が、その家の伝統もあるので良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 お祝い・行事

      ├ お七夜・命名式
      ├ お宮参り(初宮参り)・内祝い

      ├ お食い初め
      └ 初節句

スポンサードサーチ

fx