赤ちゃん、幼児、子供の家庭で起こりやすい事故

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

赤ちゃん、幼児、子供の家庭で起こりやすい事故

スポンサードリンク

月齢や年齢にもよりますが、赤ちゃんや幼児、子供に多い家庭の事故です。
少しの時間だから。

これぐらいなら大丈夫。
ほんのちょっと目を話した隙に、ベッドから転落。

また、ベランダへ一人で行ったり。
紐がひっかかってしまい、首がしまったり。

 

考えるだけで、とても恐ろしいです。
安全な家庭でもきけんなものがたくさん!

今一度、家の中を見まわし、危険な物は近くに置かない。
落ちてきそうな物は、落ちない工夫。

窓を勝手に開けないように、ストッパーを取り付けるなどの
対策をしましょう。

 

 

 

 

 

 

月・年齢 事故 予防対策
新生児 不慮の窒息 柔らかいマクラや布団を使用しない・ベッド・布団の周囲を整理整頓する 。
転倒 足下を片付ける。安定した靴をはく。
1〜6か月 転落 動きが活発になるので、ベッドの柵はあげる。ひとりでソファや椅子などに寝かさない。
やけど 赤ちゃんを抱いたままお茶を飲んだり、やかんや鍋を扱ったりしない。風呂やシャワーは必ず湯温を確認する。
7〜12か月 おすわり・はいはい・伝い歩きなどで行動範囲が広がり、何でも口に入れるので家庭内での事故が多くなる。
誤飲・窒息 たばこ・ボタン・防虫剤・化粧品・電池など誤飲することが多い。危険なものはすべて赤ちゃんの手の届けないところに片づける。
赤ちゃんの前での飲酒や喫煙は、口に入れて良いものだと思うので要注意。
やけど ストーブに安全柵、台所に柵をつける。テーブルの端に飲み物などを置かない。テーブルクロスをしない。
転落 乳幼児は頭が大きく重いため、うまくバランスを保つこどができません。また、視野がまだ狭いので、転んだり、高いところから落ちたりすることが多くなります。階段や段差のあるところには、柵をする。



浴室での溺水 ちいさな子どもは、10cmの水深でも溺れてしまいます。浴室には鍵をつけて、わずかな水でも残し湯はしない。入浴時、水遊び時は目を離さない。

交通事故防止 チャイルドシートを装着する。短時間でも車内に赤ちゃんをひとりで置かない。
1〜4歳 活発に動き回る時期・階段をのぼりおりする・高い所へのぼれる
誤飲・窒息 危険なものは手の届かないところへ。ピーナッツは、気管に詰まることもありますので、窒息予防に、食べさせない。
やけど ストーブ、アイロン、ポット、鍋、炊飯器などやけどの原因になるものは遠ざける。
ベランダ・窓からの転落 箱、家具など踏み台になるようなものをベランダや窓際に置かない。

溺水 浴室での事故に注意。

交通事故 手をつないで歩く。三輪車はヘルメットを着用。
スポンサードサーチ

fx