赤ちゃん、子供の日常的な応急手当の基礎

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

赤ちゃん、子供誤飲と対処法

スポンサードリンク

赤ちゃんや子供は、何でも口に入れたがります。
手の届く範囲に危険なものを置かないようにしていても、思ってもみない行動を起こすことがありませんか?

日々、成長する赤ちゃんや子供は、急に知恵がつきだし、欲しいと思ったものをどうにかして、手に取ろうとします。
その結果、それが危険なものであれば、誤飲してしまうことも。

あってはならない誤飲ですが、以下にまとめておきますの、参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誤飲(飲み込んだものによって対応が違います。)
品目 水か牛乳を飲ませる 吐かせる その後の処置
たばこ(2cm以上は、危険)灰皿の水 何も飲ませない すぐに病院へ
漂白剤

かびとり剤

× すぐに病院へ
トイレ用洗剤

タイル用洗浄剤など

× すぐに病院へ
医薬品 すぐに病院へ
ボタン電池 何も飲ませない × すぐに病院へ
マニキュア

除光液

何も飲ませない × すぐに病院へ
農薬、殺虫剤 何も飲ませない × すぐに病院へ
灯油、ベンジン

シンナー、ガソリン

何も飲ませない × すぐに病院へ
ガラスの破片、針、

ヘアピンなど

何も飲ませない × すぐに病院へ
香水、ヘアトニック 病院へ
ナフタリン 牛乳は不可 病院へ
芳香剤

消臭剤

病院へ
入浴剤、洗濯用洗剤

台所用洗剤

石けん、シャンプー

リンス

クリーム、ファンデーション、口紅
歯磨き剤
蚊取り線香
蚊取りマット
紙おむつ
1 飲み込んだものによって対応が違います。 吐かせてよいものかどうかを確認する。

2 吐かせてはいけないものの場合は至急医療機関へ
3 吐かせていいものの場合は、口の中に残っているものはすべて指でかき出す。

 

  水か牛乳をコップ1〜2杯ほど飲ませた後、喉の奥に指を入れ、舌の付け根を押して吐かせる。

※医療機関に行くときは、誤飲したものの容器や吐いた物などを持っていく。

 

我が家では、恐ろしいことに 父の薬を息子が誤飲しました。

 

父が服用する薬は、子供に影響のある薬ではなかったのですが、
薬を飲んだ直後に、息子が急に立つことも、歩くことも出来なくなったのです。

フラフラとして様子がおかしいと、母から連絡をもらいました。

 

その時、私は仕事へ向かっていましたが、連絡がきて すぐに子供を病院へ。

 

病院で、何の薬を誤飲したかわかるために、
父の薬を持って行きました。

子供には、少しきつい薬なので、服用してすぐに副作用があらわれたのですが、
1時間ほどで、ふらつきもなくなり いつも通りに戻りました。

 

この時は、何事もなく済みましたが、本当に恐かったです。

 

 

父は、何度言ってもテーブルに薬やタバコを置く人だったので、
今回のことで かなり反省し子供の手の届くところには

危険な物をおかない!と約束してくれました(笑)

スポンサードサーチ

fx