育児ノイローゼ

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

育児ノイローゼ

スポンサードリンク

結婚して1年半くらいで妊娠しているのに気づき☆何とも言えない幸せ感の毎日で、やがて娘が誕生(#^.^#)
振り返れば妊娠中、健診のエコーで赤ちゃんと対面し心音や初めての母子手帳を手にした時の喜び☆

段々とお腹も大きくなりお腹を蹴り母親の実感もあるような?ないような?
無事に出産できるのか?先生にも妊娠中毒の恐れがある(+_+)と言われ運動したり、

出産に備え自分の体力は持つのか?赤ちゃんは元気に誕生するのか?など、たくさんの不安や心配がありました。
そして、無事に元気な娘が我が家の一員となり!(^^)!妊娠中の悩み、不安、心配も嬉しさに変わりホッとし感動の涙。

いざ、子育てとなると初めての体験で母や先輩ママにアドバイスをもらうものの、これまた不安や心配が付き物。
あれこれ不安や心配が大きくなりイライラ感も増し、小さな赤ちゃんを目の前にこの気持ちを誰に話せば良いのか?

次第にストレスになり、よく言われる育児ノイローゼに(涙)
だって、昼間は一人で子育て、家事、洗濯、掃除などこなすには、本当に体力的にも精神的にも大変です。

いくら近所に住む母が手伝ってくれるとはいえども、母も毎日サポートしくれる訳でもありません。
母乳を与え眠ってくれたかと思えば、2〜3時間おきの授乳でその合間におむつ交換。

また、何で泣き止まないのか?それを見てオロオロして頭がパニック状態(涙)
眠気も襲い少しの時間でも眠りたいと思っても、用事があったり泣いたりと寝れず・・・。

「子育ては頑張るのではなく心も余裕も持てないよ!」と言われても、よその赤ちゃんと比べると成長が遅く感じたり。
ママがそんな状態だと言葉が話せない赤ちゃんは、しっかりとママの様子もキャッチし笑わなくなるんです(悲)

 

そうならないよう予防法があるんです!!

 

1:産後の1〜3ヶ月ぐらいはできるなら休養も兼ね、心身ともにリラックスできるよう里帰りをする。

 

2:分からないことは助産婦さん、両親、先輩ママなどに相談し悩みは一人で抱えない。

 

3:育児日記をつける。

 

4:育児ノイローゼや鬱だと感じたら直ぐに病院で受診する。

 

その他にも夫や周りの助けも借りるなど色々と予防法はあります。
楽しい気持ちで育児ができるよう環境作りが大切ですね!(^^)!

スポンサードサーチ

fx