ドクターベッタ哺乳瓶って普通の哺乳瓶とどう違う?

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

ドクターベッタ哺乳瓶って普通の哺乳瓶とどう違う?

スポンサードリンク

ドクターベッタ哺乳瓶は、
普通の哺乳瓶とはちょっと違った特徴があります。

 

その違いで、最も大きいのが形状。
普通の哺乳瓶は、真っ直ぐなボトルであるのに比べ、

ドクターベッタは、
独特のカーブした形のボトルになっています。

 

 

実は、このカーブに人気の秘密があるのです。
赤ちゃんにおっぱいで授乳をする時の体制は、上体を起こした形になると思います。

ですが、哺乳瓶で授乳をすると、上体を起こしたままでは真っ直ぐのボトルであるため、飲むことがとても難しくなります。

 


 

ですが、ドクターベッタの独特な形状は、

おっぱいからの授乳と同じように上体を起こした姿勢で授乳をすることを可能にしました。

これにより、耳の病気を防ぐ、誤嚥を防ぐ、ゲップを少なくさせるという利点が生まれるのです。

 

 

さらに、注目したいのが乳首。
ブレイン乳首と呼ばれるもので、助産師が考案したこの乳首は、吸うと伸びる形状とそしゃく力をつけるため、クロスカットにし、弾力性を強くするという2つの特徴があります。

 

この特徴により、本物のお母さんの乳首により近づけたものとなっています。

 

従来の哺乳瓶の乳首は、柔らかすぎて、赤ちゃんが吸いやすすぎるため、ミルクを一気に飲み過ぎてしまうということが多くなっていました。
飲み過ぎると、ゲップを沢山したり、後で胃から逆流してミルクを吐いてしまうといったことが起きます。

 

 

滅多にないことではありますが、時には窒息の恐れもあるミルクの飲み過ぎ。
よりおっぱいに近づけることで、こういった問題も改善されています。

 

赤ちゃんにとってもお母さんにとっても嬉しい効果を得ることができるドクターベッタ。
母乳に慣れていて、哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんも、これなら飲んだ!という声も聞かれます。

 

デザインはポップでカラフル。
色々な種類があって有名ファッションブランドとのコラボ商品もあり、可愛いものが多いというのも嬉しいですね。

 

毎日何度も行う授乳ですから、赤ちゃんに喜んでもらえる哺乳瓶で授乳をしてあげたいですね。

 

ドクターベッタの詳細はこちら

スポンサードサーチ

fx