育児に関する支援制度

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み

育児に関する支援制度

 

 

 

 

対象 (休業)期間 (休業中の)賃金
育児休業

1歳未満の子供を育てている男女労働者

女性労働者の場合は、産後休業明けから1歳の誕生日前日までの間で、本人が希望した期間(男性労働者の場合は、出産日から取れる)。

有給か無給かは事業所ごとに異なるので、確認を。

育児休業中の生活保障 一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者の方が、1歳未満の子を養育するために育児休業を取得して、賃金が一定水準を下回った場合に育児休業給付金が支給される。
育児時間
1歳未満の子供を育てる女性労働者。
取得できる時間

1日2回、それぞれ30分ずつ取れる。

勤務時間の始めや終わりにまとめて1時間取ることもできる。

有給、無給は事業所ごとに異なるので、確認を。
勤務時間の短縮

 

1歳未満の子供を育てる男女労働者で、育児休業を取らずに仕事をする場合や、育児休業を早めに終わらせて仕事に戻る場合。

・勤務時間の短縮・・・1日の勤務時間を1時間以上短縮すること。勤務状況に合わせて、1週間の勤務時間を短縮する場合も含まれます。 有給か無給かは事業所ごとに異なるので確認を。
育児休業給付
「育児休業基本給付金」
満1歳未満の子を養育するために育児休業を取得した雇用保険の一般被保険者の方で、育児休業開始前2年間に賃金支払基礎日数が11日以上ある月が通算して12ヶ月以上あることが必要。 育児休業期間中の各支給単位期間(休業開始日から起算して1ヵ月ごとの期間をいいます)について支給。 休業開始前の賃金月額の20%。支給単位期間中に賃金が支払われた場合は、支給額が減額されることがある。
育児休業給付
「育児休業者職場復帰給付金」
育児休業後、引き続き6ヶ月以上勤務したときに支給される。 休業開始前の賃金月額の5%に、育児休業基本給付金の支給を受けた月数を乗じた額
社会保険の本人負担分保険料を免除
育児休業法による育児休業をとっている社会保険の被保険者
本人から申し出があった日の属する月から、取得した育児休業の終了する日の翌日の属する前月まで。 育児休業中も被保険者として取り扱われる。病気治療などのときは、健康保険の給付が受けられ、後に受ける年金額が育児休業によって減額されることはない。

fx