病気のケアとお世話〜赤ちゃん・子供の発熱の時

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

病気のケアとお世話〜赤ちゃん・子供の発熱の時

スポンサードリンク

熱のケアとお世話〜NGケア

・体が熱いのに厚着をさせる。汗をかかせる。

 

熱が上がりきって体が熱いときに、布団などかけすぎて温めすぎないように。
汗をかくほど温めると、熱がさらに上がります。

 

 

 

・食欲がないのに無理に食べさせる

 

ミルクやおっぱい、食べ慣れていて与えてよいものを欲しがるなら、あげましょう。
無理に食事をさせる必要はありません。

 

 

 

・長時間冷やしすぎる

 

長時間冷やしすぎると、冷えすぎてしまうことがあります。
時々、体を触ってみて冷たくなったら冷やすのはやめましょう。

 

 

 

・熱が下がったからと、すぐに外出する。

 

熱が下がってから、丸一日は安静にしましょう。
赤ちゃんは夜に発熱することが多いので、一旦下がっても様子をみましょう。


熱の時のOKケア

・熱が上がりきったら涼しく快適に

 

熱が上がりきったら、衣類や寝具を調節して涼しく過ごせるように。
室内を快適な温度に設定し、薄着で過ごす。

嫌がらないなら、保冷剤や水枕を。

 

 

 

・こまめに水分を与え脱水症状を防ぐ

 

おっぱいやミルク、ベビー用イオン飲料、麦茶など飲みたいだけ飲ませて。
ただし、お水やお茶ばかりだと塩分不足が心配され、赤ちゃんが衰弱していく可能性もあります。

できるだけ、経口飲料水を少しずつ与え 塩分不足を防ぎましょう。

 

 

 

・顔色が悪く手足が冷たければ体を温める

 

体を触り、普段よりもヒンヤリと感じたら、室温を上げたり、衣類を一枚多めに着せる、多めに布団をかけるなどして温めましょう。

 

 

 

・体温をこまめに測る

 

朝、昼、夜、寝る前の決まった時間に体温を測り、診察時に伝えましょう。
一日の体温の変化は診断の重要な情報になります。

 

 

 

・発熱以外の症状にも注意

 

発熱以外に下痢、嘔吐、発疹、せき、鼻水はないか、オシッコは普段通り出ているか、食欲、元気はあるかなど、他の症状にも注意して様子をみましょう。

 

 

 

・汗をかいたらこまめに着替える

 

汗をかいたままにしておくと、気持ち悪いだけでなくアセモの原因にも。
こまめに着替えをして、さっぱりと気持ちよくしてあげましょう。


スポンサードサーチ

fx