病気のケアとお世話〜赤ちゃん・子供の下痢症状

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

病気のケアとお世話〜赤ちゃん・子供の下痢症状

スポンサードリンク

下痢の時のNGケアとお世話

・消化が悪い食品や飲み物を与える

 

脂っこいもの、消化が悪いものは、腸を刺激して症状を長引かせることがあるため、食べたがっても与えないように。
ただし、食欲があれば普段通りのメニューでOK

 

 

 

・おむつをこまめに替えない、おしりをキレイにしない

 

下痢の時は、おしりがかぶれやすく、ただれやすいので こまめにおむつ替えを。

 

 

 

・水分を与えない、離乳食を再開しない

 

体内の水分が失われ脱水症状を起こすことが。少しずつこまめに飲ませましょう。
離乳食はうんちを確認しながら叙々に普段通りの食事へ。

 

 

・自己判断でミルクを薄める

 

医師の指示でミルクを薄めることがあります。
母乳に比べて消化が悪いからですが、自己判断で薄めるのは×。

必ず医師の指導のもと行いましょう。

 

下痢の時のOKケアとお世話

・少しずつこまめに水分を与える

 

下痢の時は、イオン飲料、麦茶、湯冷ましなどをスプーンさじずつ こまめに飲ませましょう。

 

 

 

・うんちの状態をよく観察する

 

普段に比べ、水っぽい、回数が多い、においがする、色が違うなどの変化や発熱、嘔吐を伴う時は病気の疑いがありますので受診しましょう。

 

 

 

・おしりを清潔に

 

下痢の時は、おしりがかぶれたり、ただれたりします。
おむつ交換の度にタオルで優しく拭いてあげましょう。

元気がよければシャワーや洗面器にお湯を張り洗い流してあげましょう。


スポンサードサーチ

fx