せき、たん、ゼロゼロ症状の病気

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

せき、たん、ゼロゼロ症状の病気

スポンサードリンク

せき、たん、ゼロゼロ症状の病気について。
赤ちゃんや乳幼児、子供に起こる病気の中でも、せきやたん、ゼロゼロの症状です。

咳がひどいと、とてもかわいそうですよね。
夜中も眠れないほどの ひどい咳の場合、とても心配です。

せき込んで、嘔吐してしまうと 異物を喉につまらせてしまう可能性がありますので、横向きで寝かせるようにしましょう。

 

 

 

 

気管支炎

 

 

ウイルスや細菌による炎症が気管支にまで進んで起こる病気。
たんのからんだひどいせき、発熱などが主な症状。

呼吸が苦しそう、高熱、全身状態が悪いなどの場合は、すぐ病院へ。

 

 

 

肺炎

 

 

かぜなどをこじらせてウイルスや細菌による炎症が肺胞にまで進んでしまった状態。
高熱とはげしいせきのほか呼吸困難なども見られる。

高熱とはげしいせき、呼吸困難になることも!
高熱とはげしいせきが、症状の特徴。熱は38〜40度と高く、せきはたんのからんだ「ゴホゴホ」という音になるのが特徴。

顔色も悪くぐったりとして、食欲もなくなり、脱水症状を起こす心配。
赤ちゃんの場合、呼吸困難がひどくなるとみぞおちのあたりがへこんだり(陥没呼吸)、呼吸が小刻みに速くなったり、小鼻をピクピク動かしたりなどの症状が出る。とても危険な状態です。

低月齢の赤ちゃんには症状が出にくいので、よく観察を月齢の低い赤ちゃんの場合、まだ体温調節や呼吸機能が未熟なので、肺炎にかかっても高熱やせきなどの症状がはっきりとあらわれにくい場合が。
かぜをひいたなと思ったら、機嫌はどうか、顔色は悪くないか、食欲はあるか、呼吸はスムーズかなど、いつもと違った様子がないかよく観察を。

そして気になることがあったら、早めに受診して、悪化させないように。

 

 

 

気管支喘息

 

 

アトピー体質の子がなりやすい、アレルギー性の病気。
ヒューヒュー、ゼーゼーと呼吸困難の発作を繰り返します。

発作の程度は、日常生活に支障のない軽いものからチアノーゼを起こすような 重いものまで、さまざま。
気管支ぜんそくが疑われる症状。

1)0才まではゼロゼロしなかったのに、1才過ぎてから息を吐きだすときにゼイゼイするようになってきた。
2)ゼロゼロするときに、熱は出ないことが多い。

3)アトピー性皮膚炎と診断されたり、湿疹ができやすい。
4)両親やきょうだいにアトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくの人がいる。

 

最初の発作は2〜5才までに起こることが多く、小学校に入学するまでに治ってしまう子どもも。
でも、思春期ごろまでは発作を持ち越して、その後自然に症状が改善したり、治ったりするというケースがほとんど。

一度こうした発作を起こすと気道は過敏になり、いろいろな刺激がきっかけになって発作を繰り返しやすくなる。
環境をととのえるなどして、なるべく発作を起こさないよう注意。

 

 

 

ゼンソク様気管支

 

 

かぜをひくたびに、ゼンソクのように呼吸がゼロゼロする病気。
0〜1才の赤ちゃんに多く自分でたんが出せるようになれば自然に治る。

また眠っている間はより気道が狭くなり夜中や明け方などにひどくなり、続けざまにせきをしたり、呼吸困難を起こす場合も。
こういう場合は、入院になることも。

2〜3才ぐらいになって、気管も乳児のものから幼児のものに変わって、ゼンソク様気管支炎は自然に治ってくる。

 

 

 

百日ぜき

 

 

コンコンとはげしいせきが出て呼吸困難になったり肺炎を合併する場合も。
1才未満の赤ちゃんがかかるとはげしいせきで呼吸が止まるなど重症になりやすいので、早めに予防接種を受けておくと安心。

せきはコンコン、コンコンと乾いた短いものが10回以上たて続けに出るような感じ。
昼間より夜のほうが多く、連続したせき込みの最後に「ヒューッ」と笛のような音(百日ぜき特有の症状で、レプリーゼという)を立てて息を吸い込む。

百日ぜき菌が肺に及ぶと、百日ぜき肺炎を合併することも。合併症がない限り熱はあまり出ない。
ただし低月齢の赤ちゃんで、せきのときに顔色やくちびるの色が悪くなったり、呼吸を止めるような場合は入院が必要。

 

 

 

急性咽頭炎

 

 

かぜのような症状から始まり、しだいに声がかすれて犬の遠吠えのようなせきをする。
容体が急変し、呼吸困難になることもあるので夜も、しっかりと赤ちゃんの 様子を観察する必要がある。

家ではせきがひどくならないよう加湿する、上半身を高くして寝かせるなどのケアを。
初めは発熱やのどの痛みを伴ったかぜのようなせきがあり、「かぜ かな?」と思うことが多いが、しだいに声がかすれてきて、犬の遠吠えのようなケーンケーンというせきをするように。

夜間に悪化するので要注意

 

昼間はたいしたことがないと思っていても、夜中になって急に容体が悪くなることがあるので、気をつけて。
お母さんは油断せず、夜間の症状をよく観察するように。

急性喉頭炎の発作は、かぜの症状のある子どもが夜間に突然引き起こすことが多いもの。
朝まで待ってしまうと、場合によっては呼吸が止まって死亡することも。

早めの判断と対処が必要。
ひどいせきと同時に呼吸がゼコゼコしたり、息を吸うときにヒーヒーと音がしたら、それは呼吸困難を起こす前ぶれ。

呼吸困難になって唇や顔の色が紫色になるチアノーゼを起こしたら、一刻を争う緊急事態ですから、すぐに病院へ。
救急車を呼んでもかまいません。

 

 

 

結核

 

 

結核菌に感染して起こり、赤ちゃんがかかると重症化しやすいので早めにBCGを接種して予防を。
病すると発熱、たんがからんだせき、ゼロゼロ、食欲不振、顔色が悪いなどの全身症状が長期にわたって続く。

ほうっておくと、症状はどんどん重くなるので、「おかしいな」と思ったら早めの受診を。

 

 

 

マイコプラズマ肺炎

 

 

鼻水、しつこいせき、高熱が出ることもあるが比較的機嫌がいいのが特徴。
赤ちゃんにはあまり見られず、5〜10才ぐらいの子どもがかかりやすい病気で、異型肺炎というふうにも呼ばれる。

症状は鼻水、鼻詰まり、熱は出る場合と出ない場合があり、子どもによっては39〜40度の高熱が続く場合も。
しつこいせきが特徴で、長いせきが1カ月以上続くケースも。

一般的には、本人は比較的元気で、全身状態がよいことが特徴。

 

 

 

細気管支炎

 

 

2才以下の赤ちゃんが冬にかかりやすく、とくに小さな赤ちゃんは注意!
症状は肺炎や気管支ゼンソクによく似ている。

まずくしゃみや鼻水などのかぜ症状で始まり、せきとたんがふえ、息を吐くときにゼンソクのように「ゼーゼー」「ヒューヒュー」 「ゴロゴロ」といった音をさせるのが、特徴。熱は微熱程度。
顔色や唇の色は悪く、不機嫌で食欲もダウンする。

 

 

 

気道異物

 

 

異物が気道に入り込む事故で、せき込んだり、むせたりする。
飲み込みそうなものは、手の届く場所に置かないように。

何かを口に入れ、のどに詰まらせてしまった、という事故が気道異物。
とくに2才以下の乳幼児に多く見られる傾向がある。異物が気管や肺に入ってしまったため、それを外に出そうとしてせきが出る。この症状は一時的なもので、しばらくすると落ち着くが、せきなどをして入り込んだ異物が動くと、そのたびにはげしくせき込んだりする。

そうたびたび起こる事故ではないが、乳幼児を持つお母さんは、ぜひ注意してできるだけ防ぐように。

スポンサードサーチ

fx