赤ちゃん、子供の熱〜熱が主な症状の病気

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

赤ちゃん、子供の熱〜熱が主な症状の病気

スポンサードリンク

 

初めてのお熱なら、突発性を疑いますが それでもママはビックリしてしまいますよね。

 

結局、後になって、突発性だった。
とわかる程度なので、風邪かな?

 

何のお熱かわからない時、予防接種を受けた後でも予防接種の副反応か、風邪による熱かわかりませんし、かかりつけ医師が予防接種の後に発熱したと、把握しておけば、次回からの予防接種でも対策がたてられます。

 

また小さい赤ちゃんは、必ず受診しましょう。

 

 

 

かぜ症候群

 

 

鼻やのどの粘膜から侵入し、感染によってそこに炎症反応が起こ り、鼻水・鼻詰まり、のどの充血や痛み、せきが出る、たんがからむなどの症状が出る。

 

全身反応として発熱、頭痛や関節痛、だるい、など の症状が見られ、吐きけや嘔吐、下痢、腹痛、気持ちが悪いなど胃腸症状を伴うことも。
かぜのウイルスが原因で発疹が出ることも。かぜのケアをしていれば、2〜3日で自然に消えていく。

 

 

 

 

突発性発疹

 

 

高い熱が3〜4日続き、熱が下がると同時に、おなかや背中に赤い発疹が出る病気。
生後6〜12カ月に多く、初めての発熱がこの病気という子も多いので、あわてずに経過観察を。

 

 

 

インフルエンザ

 

 

ふつうのかぜと同じように発熱、鼻水、のどの痛み、せきなどが見られるが、インフルエンザの場合は熱も比較的高く、体のだるさや筋肉痛、関節痛など、全身症状が強く出る。
熱はときに39度以上になることもあり、乳幼児の場合は吐きけや嘔吐、下痢などの胃腸症状を伴うこともしばしばで、気管支炎や肺炎を併発しやすいため、注意が必要。

脳症などの合併症を起こして重症化することも少なくないので、特に注意が必要。

 

 

 

熱性けいれん

 

 

はしかや突発性発疹などの感染症にかかって、熱が上がりかけたときによく起こるのが特徴。
けいれんの発作は1〜3分程度。

生後6カ月〜3才に多く、6才を過ぎるとほとんど見られない。
初めて起こしたときは医師の診察を。

熱性けいれんは、たいていは一過性のもの。
自然におさまり、後遺症の心配もないが、本当に熱性けいれんかどうか確かめる必要があるので、初めてけいれんを起こしたときは必ず受診し、観察したことの報告を。

また、次のような症状のときにはてんかんやほかの脳の病気の可能性もあるので、すぐに病院に行き、診察や脳波検査を受けるように。
・けいれんが10分以上続いた ・けいれんの様子が左右非対称

・1日に2回以上起こした ・6才以上で起こした
・熱がないのに起こした

 

 

 

はしか

 

 

せきやくしゃみ、鼻水などかぜに似た症状で始まり、高熱が3〜5日ほど続き、白いけし粒のような口内疹ができ、1日遅れて赤い発疹が顔やのどから全身に広る。
体力の消耗もはげしく、肺炎や脳炎などの二次感染も起きやすいため、乳幼児がかかると重い病気。

1才を過ぎたら予防接種を。

 

 

 

おたふくかぜ

 

 

耳の下からあごにかけておたふくのようにはれて痛む。
消化能力が落ちるので、かまなくてもよい、消化のよい食事を。耳のつけ根からあごにかけての部位がはれてくる。

はれるのは片側だけのこともあるが、約半分の子は数日後に反対側もはれてくる。
一度かかると免疫ができ、2度かかることはない。

 

 

 

咽頭結膜熱

 

 

プールなどの水を介してうつることが多いので、「プール熱」と呼ばる。
高熱、結膜炎、のどの痛みがあるのが特徴。うつるので、タオルなどは別にするように。症状は、のど(咽頭)と目(結膜)部分に出て、のどがはれて痛み出すと同時に結膜炎を起こし、白目やまぶたの裏側が赤くなり、目やにが出ることもある。

目がショボショボする、まぶしがるといった症状と前後して、急に 39度前後の高熱が出る。

 

 

 

咽頭炎・扁桃炎

 

 

咽頭炎も扁桃炎も、そのほとんどがかぜと同じウイルス感染によってのどに炎症を起こしたもの。
かぜを引き起こす病原体が、それぞれの場所で特に強く反応して症状を起こす。

39度前後の高熱が出て、つばを飲み込むだけでも痛く、食事も食べられなくなる。
声もかすれてくるが、せきや鼻水といった症状はあまり見られない。

 

 

ヘルパンギーナ

 

 

夏かぜの一種で、高熱とのどにできる水疱が特徴。
水疱がつぶれると痛むので、赤ちゃんは不機嫌になり、食欲も減退する。突然39〜40度の高熱が出て、扁桃腺の上のほうに小さな水疱が数個〜10数個でき、その周辺が赤くなる。

高熱とのどの痛み以外の症状は軽く、病気そのものはあまり心配ないが、のどの痛みから水を飲むのもいやがるようになると問題。
発症するのは夏なので、高熱が出て、水分補給を怠ると汗と熱であっという間に脱水症状を起こしてしまうため、水分はこまめに与えるように。

 

 

尿路感染症

 

 

尿路に細菌などが感染して起こる。
原因不明の発熱は、この病気を疑い、すぐに病院へ。

先天的な尿路異常も考えらる。
赤ちゃんの場合は、かぜでもないのに高熱が出てぐあいが悪いとき、あるいは発熱を何度も繰り返すというときは、まず尿路感染症を疑い、早めに医師の診察を。

 

 

 

日射病・熱射病

 

 

車の中に赤ちゃんを置き去りにしたため、脱水症状から死に至るという事故が多発。
子どもがぐったりしていたら、涼しい場所で水分補給を。真夏の炎天下の海辺など、戸外で強い直射日光にさらされたために起こるのが日射病、蒸し暑いところに長時間いたために起こるのが熱射病。

どちらも暑さのために体温のコントロールができなくなり、熱がたまって急激に体温が上昇したことが原因。
皮膚からもどんどん水分が失われ、赤ちゃんはあっという間に脱水状態に陥り、ときには生命にかかわることも。

 

 

川崎病

 

 

0〜4才の子どもに多く、特に1才前後の赤ちゃんがかかりやすい原因不明の病気。
全身の血管が炎症を起こし、冠動脈瘤ができてしまうと命にかかわることもある。

ときに重大な後遺症を残す。
最初は発熱、せき、鼻水など、かぜのような症状から始まり、やがて次のような特有の症状が出てくる。

1)原因不明の39〜40度の高熱が5日以上続く。
2)数日して、水疱を持たない赤い発疹が全身に出る。

3)発疹が出る前後から、手のひらや足の裏が赤くむくんでかたくなる。
4)発疹が出る前後に、くちびるが荒れて出血し、舌もいちごのように赤くブツブツが出る。

5)熱が出てから数日後、白目が充血して真っ赤になる。
6)発熱と同時、もしくは熱が出る少し前に首のリンパ節がはれてくる。これら6つの症状のうち、5つがあてはまると、川崎病と診断され、入院、検査が必要に。

1才前後の赤ちゃんが原因不明の高熱を出し、くちびるや目が赤くなったときには、川崎病を疑う必要あり。
必ず小児科の診断を。

 

 

 

脳炎・髄膜炎

 

 

かぜやはしかなどの合併症として起こることが多い。
ウイルス性も細菌性も、早期発見・早期治療が大切。

高熱や嘔吐、頭痛などの症状が続くが、赤ちゃんは頭痛を訴えることができないので、大変不機嫌になる。
また、常にうとうととするといった意識障害も出てくる。大泉門がまだ閉じていない赤ちゃんは、その部分がパンパンにはれて診断の助けに。

ウイルス性の髄膜炎は症状も軽くすむが、細菌性髄膜炎の場合、できるだけ早く治療を開始しないと命にかかわる。
それほど多い病気ではないが、大変進行が早く、特に低月齢の赤ちゃんは症状を見つけにくいので注意が必要。

 

 

 

神経芽細胞腫

 

 

3才までに多い、副腎・交感神経節にできるガン。
生後6カ月ごろの尿のスクリーニングで早期発見が可能。

自然治癒することも。
副腎にできたときにはおなかをさわるとかたいしこりがふれるので、それが発見のきっかけになる。

また、ガンができた場所によっては、せき、呼吸困難、手足のまひ、頻尿などの症状も出る。
そのほか、初期症状として発熱、手足のはれや痛み、腹痛、不機嫌などが見らるが、この病気に特有の症状というのは特にない。

スポンサードサーチ

fx