赤ちゃん、子供の肌トラブルの種類と症状

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

赤ちゃん、子供の肌トラブルの種類と症状

スポンサードリンク

肌トラブルには、様々あります。
アトピーやとびひなど。

水泡ができていれば、水ぼうそうやとびひを疑いますよね。
事故判断は危険ですので、必ず病院で受診しましょう。

また、アレルギーの検査を生後1歳までに無料で行います。
自分で、気になる項目(卵、牛肉、ニンジン、ダニ)を選んで検査を受けることもできますので、アレルギー反応がなくても検査はしておいた方が良いでしょう。

気をつけておいた方が良い、食品などがわかります。

 

 

 

アトピー性皮膚炎

 

 

子どもに多い皮膚の病気で、アトピー体質、あるいはアトピーの素因を持っているところに、さまざまな刺激が加わって症状が出てくる。
湿疹は強いかゆみが持続し、かくことによって悪化。

本人に食物アレルギーやダニアレルギーがあることが多く、また両親やきょうだいにもゼンソクやアトピー、花粉症などのアレルギー体質がある場合が多い。

 

 

 

とびひ

 

 

最初はうみを持った水疱ができ、すぐにつぶれてジュクジュクとした汁を持つようになる。
かゆみが強く、そこをかいた手でほかの部分をかくと、手についた菌が次々とついて広がっていく。

本人だけでなく、きょうだいなど周りの人にも感染。

 

 

 

水いぼ

 

 

ウイルス性のいぼで、かたくてつやのあるいぼの真ん中がくぼんでいるのが特徴。
いぼがつぶれて、中のウイルスがほかについて広がっていく。

スポンサードサーチ

fx