生後4〜5ヶ月の赤ちゃんの体重や身長と発達

妊娠の兆候から出産まで 赤ちゃんの成長と病気 産後の悩み
スポンサードサーチ

生後4〜5ヶ月の赤ちゃんの成長・発達と生活

スポンサードリンク

感情表現もさらに豊かになり、喜んで笑ったり、かまってもらえないとぐずる、お母さんをさがしたりとします。

 

興味のあるものに手を伸ばすようになり、欲しいものを自分でつかもうとします。

 

首もしっかりすわり、うつぶせにすると、顔を上げられるようにもなります。

 

早い赤ちゃんは寝返りをするようになりますので、寝返りしそうなら近くに物を置かない、ベビーベッドから落ちないように注意してあげましょう。

 

 

昼夜の区別がつくようになり、夜まとめて眠るようになって少し楽になっていたお母さんですが、夜泣きが始まる赤ちゃんもいます。

 

 

 身長   体重 
男の子平均  62〜68p   6.3〜8.3s 
女の子平均  61〜66p   5.8〜7.8s 
 長女   /   6810g 
 長男   61.9p    6200g 

 

 

 

 

聴覚や視覚の発達とともにおもちゃなどへの関心が強くなり、目で追いかけて手を伸ばす、音のする方向をじっと見つめるなど、ママから見ても関心のある様子がはっきりとわかりやすくなります。

 

目覚めているときは、自分の手やおもちゃで遊ぶ時間が増えてきます。
赤ちゃんが手を伸ばしてつかめる範囲の距離に、おもちゃを置いたりつるしたりしてあげましょう。

 

また、おもちゃで遊ばせるだけでなく、声を上げて遊ぶ赤ちゃんにお母さんも一緒に声をかけてあげると、もっと喜んで遊ぶようになります。

 

よだれが出るようになったら、離乳食の準備を始めるタイミング。果汁や汁物をスプーンで少しずつあげてみましょう。

 

 

 

長男もですが、長女のときは とくに、身長・体重が標準より低いような気がして、とても気にしていました。
今考えると、そんなに神経質にならなくてもといいぐらい体重を量りに行ったりしていました。

長女はすくすくと それなりに成長しています!!
身長・体重だけでみると、長男のほうが長女に比べて小さいのですが、離乳食開始してからは、食欲は長女よりもあって、逆に食べ過ぎに心配しているところです!

4〜5ヶ月 寝ない赤ちゃん・夜泣き

昼夜の睡眠リズムがはっきりしてきて、昼寝の回数は1日に2〜3回にまとまってきます。

 

たいてい、昼間は長い間、起きて 遊ぶ時間が長くなります。

 

 

しかし、中には 昼夜逆転してしまう赤ちゃんも・・・。

 

昼間は、外に出て 日光浴をさせたり、遊んであげるようにし、昼間は ねんねの時間ではないよ〜

 

と、出来るだけ 夜眠るように調整して いってあげましょう。

 

無理に、昼寝させない。
など しないように 楽な気持ちでいてください。

 

 

夜泣きする赤ちゃんも いると思います。

 

夜泣きも 赤ちゃんによって、様々で、
毎日のように泣く赤ちゃんもいれば、一時的に夜泣きして

いつの間にか、夜泣きがなくなっていた。

 

という場合があります。

 

どちらも、夜泣き対策で 赤ちゃんの心を落ち着かせることが大事です。

 

・優しく声をかけ、おぱい やミルクをあげる(満腹になると眠くなるため)
・昼間、適度に遊ぶ。日光浴をしたりと、外出する。

・思い切って、外へでる!(ドライブすると車の振動で眠る赤ちゃんも多いので)

 

また、子守唄やCDなど聞かせたりするのも効果的です。
音楽は、赤ちゃんが 何の音?

と気になる程度のボリュームで構いません。

 


こちらの方法も試してみてはどうでしょうか?

 

 月齢別!赤ちゃんの成長

      ├0ヶ月の赤ちゃん
      ├1〜2ヶ月の赤ちゃん

      ├2〜3ヶ月の赤ちゃん
      ├3〜4ヶ月の赤ちゃん

      ├4〜5ヵ月の赤ちゃん
      ├5〜6ヶ月の赤ちゃん

      ├6〜7ヶ月の赤ちゃん
      ├7〜8ヶ月の赤ちゃん

      ├8〜9ヶ月の赤ちゃん
      ├9〜10ヶ月の赤ちゃん

      ├10〜11ヶ月の赤ちゃん
      ├11〜12ヶ月の赤ちゃん

      ├1歳〜1歳6ヶ月の赤ちゃん
      ├1歳6ヶ月〜2歳

      └2歳〜

スポンサードサーチ

fx